中野サンプラザがなくなるって本当なのか?

タコス千景です。

友人から『中野サンプラザが取り壊しになる』という噂を聞いたのが3年前。

外観もキレイだし、まだまだ使えるのにと思いつつ、実はけっこう歴史があるんだね。

1973年開館なので、2018年時点でなんと45年目になるんだよ。そろそろ建て替えの時期がきてるらしい。

                                引用:wikipedia

中野サンプラザがなくなるって本当?

2012年(平成24年)6月29日、中野区都市政策推進室の見解として隣接する中野区役所との一体再開発のため、2018年以降に、中野サンプラザを取り壊す方針であることが報じられた。2014年(平成26年)6月27日にも、JR東日本などと共同で、駅ビルなどを整備のため、2020年から2024年を目処に、中野区役所と揃って当施設を解体する計画が進んでいる事が報じられた。解体後は、最大1万人収容のアリーナを備えた集客施設を設け、賃貸オフィス・ホテル・マンションが入る複合施設が整備される予定である

引用:wikipedia

今の中野サンプラザはなくなるってのは、本当らしい。

中野サンプラザだけでなく、接している中野区役所も取り壊して、巨大な駅ビル施設を作るということみたい。

その中に、中野サンプラザと中野区役所も入るというわけだね。

現在の中野サンプラザホールの収容人数は2222人。それが1万人収容できる巨大コンサートホールになるんだよ。
すごいよね!

新しいホールの名前が、『中野サンプラザ』のままなのか、他の名前になるのかはまだ未定だよ。

中野サンプラザはいつ解体されるの?

早ければ2018年に取り壊されるっていう話だけど、2018年の中野サンプラザホールの予定表を確認してみると、9月まで予定が入っている。

なので、2019年は未定として、2018年中に解体の可能性はかなり低いと思う。

最新情報では、解体は2020~2024年の間に行われ、2022年ごろ閉館、2025年を目途に新ホール設立予定の説が濃厚だね!

スポンサーリンク

駅ビルになって、もう1つ駅の出口が増える

現在の中野サンプラザと中野区役所は、最寄りのJR中野駅から徒歩2分くらいと極めて近い位置にある。

中野区民の素朴なギモンとして、駅ビルができるってことは、もしかしてJR中野駅そのものがそちら側に移動するのかなとふと思ったんだよね。

関係者筋の情報によると、駅が移動するのではなく、新しい駅ビルの中にもう1つ出口が増えるらしいよ。

ってことは、コンサートホールやホテル、区役所を利用するのに、駅直結の出口ができるってことだね。

中野サンプラザホールは、日本武道館や日比谷公会堂などと並んで、数々の有名アーティストが公演を行い、日本のサブカルチャーを支えてきた由緒あるホール。

取り壊しは正直残念だけれど、これも時代の流れなんだね。

新しくなる中野サンプラザに期待しよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です