年下にうける女性の特徴 タコスなりに考えてみた

メディアで報道される、芸能人の交際とか結婚の記事を見て、
「わたしも年下とつき合いたーい!!」
なんていう夢見る女子もさぞ増えていると思う。

年下彼氏「てぃーし」に振り回されているタコスの交際話は、世間の年下好きの女性にとってみれば、「絶対に避けたいパターン」だろう。

女性たちの理想から大きくかけ離れており、そもそも、おまえが年下男性について語る権利はあるのかというご意見もあるかもしれない。

それでも、約2年間ほぼ毎週会っていて、デートしていることは事実。最初の1年こそ貢いだが、最近はおごってくれることも多くなった。

将来の約束ができない相手といて、本当に幸せなのか?と聞かれることがよくある。
タコスの周りにいる女性のほとんど(99.5%くらい)は、てぃーしとの交際に否定的だ。

女性とは、とてもシビアで現実的な生き物だ。
経済力もなく、将来も未確定な相手といることは無駄でしかないと思う人が大半なのだ。

タコスは、世の女性たちからみれば、相当クレイジー。
それでも、今が幸せかと聞かれれば、迷わずYESと答えられる。

(後述談:最近はだいぶ迷いが出てきた。経済と将来のことを考えると不安しかない。今のことだけを考えるなら、年下は面白いし刺激的だと思う)

好きな人といっしょにいて、デートすること。これ以上の幸せはないと心から思っているからだ。

なので、経験者は語る的な側面から話していくよ。

今から話す内容は、年下男性と結婚、もしくは真剣交際を望んでいる人向けではない。

今シングルで、気の合う年下の男性と出会いたいという人向けに話してみるね。

スポンサーリンク

年下にうける女性の特徴7つ

経済力 できれば、社会的地位もあれば完璧

最初7つの項目を上げた当初、経済力の項目は下の方だった。
2年半経った今は考えが変わって、これが1番だと思うようになった。
年下とつきあうのにまず経済力って元も子もないことを言っていると思う。
しかし、これが現実なんだよね。

経済力がなくても、ひと回りも年下の男性と結婚した人も知っている。
当時30才半ばで愛にあふれた、母性のかたまりのような人だった。
若い、理想のお母さんみたいな感じっていうのかな。
母性で男性を虜にするって、その人だけの特別な資質で一種の才能だから、誰でもマネできることじゃない。

経済力を上げることの方がマネしやすいと思う。
簡単に収入なんか上がらないよという人は、生活コストを下げてまずは貯金するといい。

バリバリ働ける人は、年下との交際に向いている。人の面倒もみれるからね。
男性に面倒をみてもらいたいとか、平等に役割分担したい人は、最初はよくてもそのうち破綻すると思う。

経済力がある人は、精神も安定している人が多い。
だから、交際も結婚もうまくいきやすい。
自分磨きもできて、パートナーに優しくなれるし、応援してあげることもできる。

私からの提案は、少しでも稼げる人になりましょうということだ。

貢いだりしなくても、年下とつきあうのはとてもお金がかかるからだ

交際中ならデートや小旅行の費用、結婚することになったら生活費を分担できる年上女性は、年下男性にとってはとても魅力的に映ると思うよ。

ずばり、包容力

ああしてほしい、こうしてほしいとワガママを聞いてもらいたいなら、年上の男性を選ぶのが無難。
年下を選んだということは、聞き役になったり、相手のワガママにつきあうことも多くなることを覚悟しておいた方がいいと思うよ。

寛大な姿勢~相手に多くをを期待しない

タコスと同じ年代の女性の話。過去に17歳年下の男性とつきあって、LINEの連絡が毎日こなくなったことを理由にお別れした人がいる。現代人にとって、LINEやメールって、それほどまでに重要なんだね。

でもね、タコスの場合は正反対。てぃーしは会う日以外、まったく連絡してこない。もちろん、恋焦がれてた最初の頃はまったく連絡がこなくて、正直かなり落ち込んでたよ。でもね、今も連絡の頻度はいっしょなの。

いつも連絡が取れないと不安ってことは、裏を返せば、相手を信用してないってことでもある。
LINEやメールを単なる連絡手段としか思っていない男性も少なからずいるよ。

会えるだけで嬉しい。そう思ってた方が、意外と向こうから連絡が来たりする。
1週間連絡がないだけで切れるような関係では、そもそも縁がある人とはいえない。

「来る者は拒まず、去る者は追わず」
タコスは運命論者だから、2人でいっしょにいて学べることがなくなった時、相手と縁が切れる、もしくは相手が去っていくということが起こるんだと思っている。
今のあなたに本当に必要な人は、何があっても最後まで残っていく。タコスはそう思ってるよ。

相手の趣味趣向に合わせられる

毎回会ってたら、デートもワンパターンになりがち。
そんな時は、彼氏がスポーツ好きなら野球やサッカーなどのスポーツ観戦、お笑い・音楽系が好きならライブに誘ってみるといいよ。

そんなのわからないっていう人には、ちょっとオシャレでお酒も食べ物も美味しいお店をネットで探して連れていくのもいいと思う。

タコスの場合は、彼の好きなものを聞いて、片っ端からいろんなイベントに誘って喜んでもらえたよ。

ド定番、やっぱり手料理

ある程度親しくなって、家に呼ぶようになったら、手料理をふるまうのもアリ。「男は胃袋をつかめ」ということわざがある通り、彼女の手料理が食べられるっていうのは、どんな男性にとっても嬉しいみたいね。
特に、家庭的な雰囲気を求めている男性には、付き合うかどうかを決める決定打になる可能性もあるよ。

あまり料理が好きではない女性の場合、安くておいしい定食屋などのお店を何軒かリストアップしておくか、デパ地下などのおいしいお惣菜をそろえておくだけでも大丈夫だよ。

清潔感と適度な女らしさ

いくら楽な格好が好きでも、少しはおしゃれしよう、キレイになろうって気持ちが大切だと思う。
デートの時に、相手が自分のためにおしゃれしてきてくれたんだと思えたら嬉しいもんね。
彼も自分も気分が上がる、ちょっとしたおしゃれ心は忘れないようにしよう。

いつも上機嫌でいること

これが、タコスが思う、男女を問わない最大のもてポイントだと思う。
いつも文句ばかり言って、周りの人や彼氏に八つ当たりする。もしくは、職場の上司や同僚の愚痴ばかりこぼしている人と、長い時間いっしょにいたいとは思わないよね。

タコスは、あまり料理も作らないし、経済力もない方だよ。
ただ、愚痴や悪口を言いたくなる時でも、なるべく言わないようにしている。

多少、つらいことがあっても動じないこと。
いつも変わらず、ニコニコしている人のそばに人は寄ってくる。
「笑う門には福来たる」って言葉は、本当だって信じてるよ。

少しは参考になったかな?
あなた好みの年下男子に巡り会えますように!!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です